お詫び



隕石少年トースター10周年記念公演「君が生まれた狂気の村」に出演する予定だった竹田幸弘が家庭の事情により出演できなくなりました。それにより、新たな客演さんとして、ステージタイガーのネコ・ザ・メタボさんをお迎えすることになりました。なお、竹田は声の出演として参加します。以下、竹田からのお詫びと、山内からのコメントです。



家庭の事情により、役者として参加することが出来なくなってしまいました。
もし、最後にもう一度僕も出ている本公演を観たかった、という方がいらっしゃったら、本当に、本当に申し訳ありません。
僕自身も、最後にもう一度隕石で役者をと意気込んでいただけに無念でなりません。
ただ、山内さんの粋な計らいで、声での出演をさせていただくことになりました。そこで思いきり暴れたいと思います。
舞台の上にはおらずとも、僕らのおそらく最後の公演です。
魂は舞台の上の永井君とむつみに、
声は音響の森尾さんに託しますので、皆様ぜひ会場へお越しください。

竹田幸弘



楽しみにしてくださっていた皆様、本当に申し訳ありません。
先日、本人から事情を聞きまして、稽古期間中に充分な稽古ができなくなったことや、本番期間中に急遽実家に帰らなくてはいけなくなるかもしれないことなど、色々な可能性が考えられ、話し合った結果、役者としての出演は多方面にご迷惑をおかけする可能性があるため、降板することになりました。
役者として舞台には出演できなくなりましたが、竹田には、声の出演や、特別企画の上映会、千秋楽のおまけ企画などにできる限り参加してもらいます。
竹田がやる予定だった役は、ステージタイガーのネコ・ザ・メタボさんに演じていただけることになりました。僕がいつか一緒にコメディーを創りたいと思っていた役者さんの一人です。急な話にも関わらず、快く引き受けて下さったネコ・ザ・メタボさんには本当に感謝しております。
キャスト・スタッフ一丸となって、楽しい作品をお届けします。

脚本・演出 山内直哉